チャットエッチ【keiとの場合】 PART2

「杏、気持ち良さそうな音がするね。。。感じてるんだね・・・」
「うわぁぁ。ほんとに気持ちいいよぉ。」
「次は、杏の好きな、クリちゃんの周りを舌でれろぉってするからね」
「あぁん、気持ちいい!!杏の大好きなところ・・・」
「知ってるよぉ、ほぉら優しく舐めまわしているよ?感じるかい?」
「うん、とってもいい・・・あぁぁぁぁぁぁ!」
「杏、すっごく気持ち良さそうだ。アソコから溢れてきてるよ?」
「いやぁん。。。」
「いいんだよぉ、もっと感じて。全部舐めとってあげるから。。。またアソコに
近づいていって、舐めるよぉ~。ちゅぱちゅぱちゅぱ!ん~おいしい!」
「うあああああ、とっても気持ちいい!!」とかなりモンモンとしたまま
文字を打っている杏。
「じゃクリちゃんの周りは、俺の指で愛撫するね~」
「ああん。いいっ!」 かなり感じてきている杏。
「指で杏の好きなクリちゃんの周りを円を描くように触ってるよぉ~どう?」
「んんんん、たまらないよぉ」
「ん、よかったぁ~じゃぁ指で触りながらアソコは俺の舌で愛撫して
いるからね~」
「んん。。。」
「どんどん溢れてくるから、吸っちゃお!じゅるじゅるぅぅ~」
「ああああああ、吸われてるよぉ~、気持ちいい!」
「だろぉ?もっと感じてね、杏。 次は、舌の先を尖らせて杏のアソコに
もぐりこませるよぉ」
「うわぁぁぁぁ、いいいいいい!!」
そんなこと実際にされていると思ったら、もう感じまくりである。
「舌を押し込んで、ぐりぐりって動くからね」
「あぁぁ、そしたら杏はきゅぅぅって締め付けちゃうからね」
「いいよぉ~ 締め付けられても舌はずっと動かしているから。そして指は
クリちゃんの周りを…」
「うわぁっ!そんなぁ 一度にされちゃうと。。。」
「んぐぅぅ。れろれろぉ。そして指ではぐりぐりぐりぃぃってね。」
「あん、あんあああああ」 その頃には杏も自分のを触ってしまっている。
「杏、おいしいよぉ。クリちゃんを吸っちゃうからね。ちゅーーーーどう?」
「んあぁぁぁっ 気持ちいい!」
「俺の大きな指が杏のアソコに入るよ~。ほぉぉら!」
「あああああっ」
「グリグリって指を回しながら、中で指を曲げたりしているよ。杏のアソコの
中をぜーんぶ指で刺激するからね。」
「んん、kei・・・気持ちいいよぉ!はぁっあぁっ・・・」
「杏イキたくなったら遠慮しないでイっていいんだからね!クリちゃんの
周りを舌で愛撫して、指でアソコをグリグリってして、杏のGスポットの
ところも刺激するからね!!ほらっ いっぱい感じて!!」
「ああっkei。。。そんなあ~イっちゃうよぉ~ぉぉ!」
「いいよ杏、イって!ほらほらほらっ!」
「んもぉぉ イクよ、イクイク!!」
「れろれろれろ!ぐりぐりぐり! ちゅぱちゅぱちゅぱ!杏、俺も
最高に気持ちいいよぉ!!」
「!!!!!!!!!!!!!」 
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
「はぁあっ はあっ ん~~ kei・・・」 
ほんとにイった気持ちになれる。。。
「杏。。。すっごくエッチだよ!綺麗に舐めとってあげるから。れろぉぉ。
ん、おいしいよ」ってまたkeiは愛撫を始める。
「んもぉだめだめぇぇ」
「イった後も手は緩めないよ?杏を刺激し続けるからね。」
「そんなぁ。。。だめぇ。。。」
「俺はだめぇって言っても攻め続けるよ?またアソコを舐めちゃう。。。
れろれろれろぉ」
「んあぁぁぁっ。感じるう~」
「でしょぉ?だからもっと舐めたりクリを指で刺激してるよ。。。気持ち
いいだろぉ?」
「あぁぁん、気持ちいいよ!今さっきイったばかりなのに、
すっごく感じるぅ・・・」
「俺のも杏を想ってすっごく大きくなってるよ!」
「うん。。。杏の手でさわさわってするね・・・」
「うわぁっ」
「ほんとだぁ~こんなに大きい!」
「杏の手が気持ちいいよぉぉ。ああっ。もう杏の中に入りたいよ・・・」
「kei、来て・・・」
「杏の入口のところでグリグリって俺ので刺激するよ」
「んああああ きもちいいぃ~」
「こぉんなにぐちょぐちょになって、杏はエッチだなぁ」
「んん、だってぇ。。。keiがエッチに攻めるから気持ちよくて…」
「エッチになってる杏のところに、俺のをあてがって、腰を沈めるよ」
「んん。。。」
「ああ、ヌルって入っていったよ。杏のぐちょぐちょになってる
ところに入っていったよ」
「うあぁぁあ、気持ちいい! めりめりって入ってくる。」
「もう俺も我慢できないから激しく突きまくるからね!ずんずん!」
「ああぁん。。。あんあんあん。。。すごい、突き抜けそう!」
「ほら、もっともっと!ずんずんずん!! どう?気持ちいい?」
「うん。すっごぉぉい!激しく突くから、杏の身体上に上がって
いっちゃう。」
「ん、そしたら、杏の腰をぎゅって押さえながらもっともっと
激しくするよ!ずんっ!!ずんっっ!!」
「ああん、あたるよぉぉ。。。突き抜けそうになってる!んん、
すっごくいいよぉ」
「ほらほら! 杏のから溢れてくるのが解るよ。熱いよ・・・」
「んもぉ~ 杏ねきゅって締め付けちゃうからね!」
「うあああ、いいよぉ!!締まるねぇ~ ああ気持ちいい!」
「ほら、もっときゅぅぅって」
「杏たまらないよぉ。。。もっと激しく突いちゃうからね!」
「んもぉだめだめ。。。最高だよぉ・・・」
そして、二人とも果てるのであった。。。

さて、その後が問題だ。
実際にチャットではキーボードを叩かないといけないので、
お互いほんとにはイっていないのだ。
杏は、めちゃめちゃ感じまくっているので、もう止まらない。
keiに言う。
「ねね、5分待っててもらってもいい??」って。
「どうした?」とkeiは言う。。
「杏ね。。。もうメチャメチャ感じちゃって、イきたくて・・・」
「杏はほんとにエッチだなぁぁ~(笑) ひとりでしてくるの?」
はっきり言われると困っちゃうけどそんなことも言ってられない。
その時は早くイきたくて仕方がなかった。
「うん。。。待っててくれる?」
「いいよ。 気持ちよくなってきて。。。待ってるよぉ~」
杏は今までチャットエッチしたことあるけど、相手を待たせてまで
一人エッチをしたことなんって一度もなかった。

そして、杏はほんとに気持ちよくなってkeiのところに戻ってきた。
「おまたせ。。。(照)」
「エッチな杏、おかえりぃ~♪」
恥ずかしいけど、それはしばらくはkeiに言われてた事実だった(笑)
でも、その後からは、杏がしたいのをわかってか
「俺が打つのをそのまま画面で見てるだけでいいから。。。杏は、
打たないでいいから実際に俺が触ってると思ってイっていいよん」
って感じに変わりました(笑)
keiは、立場上一人エッチが出来る場所ではないのが、ほんとに
残念だぁ~(笑) 出来るんだったら、きっと杏のことだから、
電話エッチしたいなぁって言うだろうけどね(爆)
[PR]
by angel_love_chan | 2004-12-08 22:34 | +エッチなこと♪
<< 男性に質問です! チャットエッチ【keiとの場合... >>