杏にトッピング♪

一人暮らしをしていた頃の、あるクリスマスのこと~
杏は急いで帰って彼さんが来るのを待ってました。
簡単だけど、ケーキを作って♪
お酒をよく飲む彼さんだったので、食事というよりは
おつまみ程度のものを用意してました。
ピンポ~ン♪ と彼さんがやってきた!
玄関を開けて彼さんに抱きつく♪
杏は背が低いので、少し背伸びをしながらチュッ♪として
部屋へと招いた。
スパークリングワイン(苦手だけど一応雰囲気を出す為に(笑))で
乾杯して、料理を食べながら楽しくお話をして
お腹いっぱいになった(笑)
電気を消して、クリスマスツリーの明かりの中、ワインを片手に
彼さんと並んで座りながら少しゆっくりしてました。
もちろんエッチなあたし達なので、いちゃいちゃしながら
ですけどね~(笑)
少し落ち着いた頃に、ケーキを用意することにした。
杏はキッチンへと行き、仕度をする。
ちっちゃいけど、生クリームでくにゅくにゅって描き
イチゴをあしらって、かわいいクリスマスケーキの出来上がり!
花火のロウソクを立てて、テーブルに運んだ。
『おぉぉ~! 杏が作ったんだね♪』
「えへへ。。。まぁね♪」 
杏は、また彼さんの横に座った。
そして、薄暗い中彼さんがロウソクに火をつけてくれる。
パチパチパチッって火花が散る!綺麗だった!
それを見ながら、彼さんが杏にKissをしてくれる♪
そして、二人でケーキを食べながら、とろぉぉんってする。
ほんとにもうこれ以上入らないってくらいに食べた。(笑)
目の前に食べた後の食器があるのが嫌だったので
杏は片付けることにした。
流しの中に食器を入れて、水につけておいたりしていた。
ふと気がつくと、彼さんが杏の後ろに立って抱きついてきた。
杏は、手が濡れているので「次は何を飲むぅ?」と顔だけ
振り向かせながら聞いてみた。
彼さんは、杏が振り向いたと同時にKissをしてくる。
杏も、応える・・・
彼さんの首の後ろに手をまわして、水で濡れている手先だけは
彼さんから離しながら。。。
彼さんの手は杏の身体をぎゅぅぅ~ってしながら、濃厚なKiss。
杏もそれに激しく応える。  「ん~んん~んっん~」
かなり長い時間激しいKissをしてた。
彼さんは冷蔵庫に手を伸ばして何かを出した。
『杏、俺さぁ これがいいなぁ~』って言いながら出したのは
杏がさっきデコレーションした生クリームだった(笑)
「いやん、生クリーム(笑)」
『俺も杏にデコレーションしてみたい。。。』
そういって、キッチンの壁に杏を押し付けながらKissをし始めた。
杏も、さっきのKissの余韻も残ってるし、さらにとろとろになる。
そのまま彼さんの手は、杏のブラウスのボタンにを外してる。
でも、唇は離さないまま・・・
杏は壁と彼さんに挟まれて逃げられない。
ブラウスを脱がされ、そしてスカートのホックに手が伸びてきて
杏はブラとパンティだけになってしまった。
足元には、脱がされたブラウスとスカートがある・・・
彼さんはブラから、杏の左のおっぱいだけを出して
さっきの生クリームからクリームを出して、少しだけ
杏のおっぱいに塗ってきた。白い肌に白い生クリームが乗った。
「あん! つめたい・・・」
『ごめんね、その代わりすぐに熱くしてあげる・・・』
そう言って、生クリームの乗った杏のおっぱいを舐める。
「んん~っ!」  確かに暖かいが、気持ちよさの余りに
杏は足がくだけてしまい、そのまま崩れ落ちるように
床に座った。
彼さんは、杏の背中に手を回しながら、そのまま寝かせた。
キッチンの床はカーペットを敷いていたので、冷たくなくてよかった。
ブラのホックを手際よく外す。
あらわになった両方のおっぱいが彼さんに向かって出てきた。
彼さんが興奮してきたのがわかった。
また激しいKissをしてくる。
杏もさっきと同じように応える。
でもさっきと違うのは、彼さんの手の動きだ。
右手で激しく杏の左側のおっぱいを揉みだす。
「んん~っ。あぁ~ん。」 と杏の声も感じている。
左の手は、杏の耳をさわさわしてる。
杏は一気に熱くなった!
『杏、もう少し塗ってもいい?』 「うん。。。少しずつね♪」
そして彼さんは、左腕で自分の身体をささえながら、右手で
杏のおっぱいに生クリームを乗せてきた。
ちょん! ちょん! って感じで。。。
左のおっぱいをぐるぅ~っと、右のおっぱいもぐるぅ~っと・・・
『杏、エッチだよおお~すごくいやらしいなぁ…』
「いやん、もおぉ~」
『杏の先っぽが硬くなってるよぉ~』 
そして、それぞれ輪を描くようにちょんちょん!ってクリームを
乗せたその中心の硬くなったところに一気にぶにゅ~って乗せた。
硬くなってるところに乗ったとたんに、杏は大きな声を出しちゃった。
「あっあっあぁぁん!」 そして杏の大事なところが溢れた感じがした。
『杏、どこから舐めようか・・・』 そういいながら、円を描くように
乗せられたクリームをひとつずつ舐めとり始めた。
その舌が見える・・・生クリームを舐めながら杏を見る彼さん。。。
かなり興奮してきた。
「はあっ、はぁぁ~ん」
『杏、美味しいよぉぉ~』 そう言って杏を見ながら、彼さんの
唇の周りについてる生クリームを舌でいやらしく舐め取ってる…
「んんん~~~っ」 と声にならない声を出す杏。。。
『ん~?どうした??感じてるんだね?』
「んん。。。」 と小刻みにうなずく杏を見て、また舐めとり始めた。
今度はその舌を杏に見せながら
『杏にもあげるぅ~』と言って、Kissをしながら杏にくれる。
あんまぁ~~かった(笑)
『おいしい??』 「うん。。。」
『杏はエッチだな。。。自分のおっぱいについたクリームを舐めて
美味しいだって・・・』
「いやぁん。。。ちがぁうぅ~」
『美味しいんでしょぉ? ほぉら・・・』
そういって、何度も何度も杏の口に、生クリームを運んでくれる。
そして、最後に残った二箇所のは・・・
『杏、ここのだけは俺が舐めちゃってもいい??』
「うん・・・」
そういって彼さんは杏の硬くなったところに乗ってる生クリームを
いやらしく舐めはじめた。
先っぽで、いやらしく突き出ている周りから、エッチに舐めてる。
杏も彼さんの頭を撫で撫でしながら、声を出してる。。。
すっごくキモチイイ!!
舐めながら今度は彼さんの手が、下の方へと伸びていく。
杏は触られると恥かしいので、抵抗をするが無理。
彼さんの足で、杏の足が少しだけ開かれる。
そして一気に杏の熱くなったところに手が!
『クリスマスにすんごいプレゼントをもらったみたい♪』と彼さん。
「いやん。。。あっあぁぁぁん」
『杏は、いつも俺にいっぱいのプレゼントをくれるよね!
お返しに・・・』と言って、杏の熱くなったところをパンティの上から
抑えてくる。。。
杏はぬるっという感じを覚える。それは彼さんも一緒のはず。
『杏、ほぉらほぉら・・・』といって最初は優しくだけど
すぐに激しく動かして感じさせてくれる。
杏は彼さんにしがみつくような格好で、きゅぅぅ~ってしてる。
快感があっという間に全身に広がる。
さらに彼さんに抱きつくようになったまま
「イっちゃうよぉぉ~ ねぇ。。。 イっちゃう!」
『いいんだよぉ~イって!!』
「だってだって・・・」
『杏、我慢しないで…気持ちいいんでしょ! ほらほら!』
杏は、もう止まらない!
そのまま彼さんはもっともっと激しく攻めてくるのだ!
杏の唇も彼さんの唇でふさがれる!
彼さんの舌が、杏に いけ!いけ!と言うかのように
激しく絡んでくる。。。
「んん~~ んん~っ」 と舌を絡ませながら感じてる。
そしてすぐに杏の舌の動きが悪くなって
その瞬間に杏は果てるのであった・・・
[PR]
by angel_love_chan | 2005-01-03 22:14 | +エッチなこと♪
<< チャットをしようと部屋を開いた... こんばんは! >>