観覧車の中で~♪

観覧車に乗った。
海沿いにある、地上117mもある大きな観覧車だ。
一周17分くらいの長い時間での密室。。。
彼さんと杏の中に何もないわけがない。
1/4くらい上がるまでは、ふたりともが左右前後の景色に
見入っている。
頂上に着く少し前くらいから彼さんがソワソワしてきた。
見ているところが違っているのだ。
「ん??もう飽きちゃったのかな??」って思っていたが、
杏は海が見えたりTDLが見えたりするので大興奮♪
身体ごと海の方に向けてみていたら、後ろにピタッと彼さんの身体が。
そして、杏の肩に顎を乗せながら、その先の景色を見ている。
肩に乗っている彼さんの頭に頬を寄せている杏。
とっても幸せな瞬間。。。
でもすぐに彼さんの手は、杏の胸へと伸びてきた。
「こらこら、こんなところで。。。綺麗な景色見ようよぉぉ♪」
「綺麗な景色は見ているよん。でも手は空いているんだもん」と
もっともなことをいう彼さん(笑)
「んもぉ~でも全面ガラス張りだからダメぇ~」
「もうこのくらいまで上がってきたらもう大丈夫♪
見えるとしたら反対側のからだろうけど、これは大きいから
見えないということになってる」と彼さん。<彼さん的解釈だが(爆)
どうやら景色を見ながら、いろいろと研究していたみたいだ(笑)
そして夏だったので、
さらっとしたワンピースを着ていた杏の足元から手が滑り込んでくる。
「ここはだめぇ~」って押さえたけど、「んもぉむりぃ~」
と言って、手が太ももの間に割り込んでくる。
「ふわぁぁぁ」と杏の足も開いてしまう。
反対の手は、杏の脇の下からワンピースの胸のボタンを外して、
彼さんの口とでおっぱいを愛撫し始める。
もうすぐ下に着いちゃうのでは?という心配もあったけど、
気持ちよさには勝てない(笑)
彼さんも「早く」といった感じで、攻める下や手が早く動いている。
杏の身体がそれるのを押さえながら、彼さんの唇は胸を舐める。
手は股間へとはいってくる。
あっという間に、杏の大事なところまで…しかもナマの指で…
杏の気持ちいいところを知っているので、そこを重点的に攻める。
杏は、かなり気持ちよくなっていて
「ああああああ、いいいいいぃぃ~」って叫んでいる。
そのうち杏の身体を強く抱きしめながら、手だけを早く動かす。
ゆれちゃっているんじゃないかなっていう思いもあったが、
あっという間に軽くイってしまった。。。
それが時間の限界だったなぁ~
その後の彼さんの言葉は「やっぱりすぐに反応しちゃって、
杏はエッチだなぁ・・・」だってぇ~(笑)
「えぇ~そういうことぉ??」って言うが、あとは聞いてくれない(笑)
「んもぉ、あんなところまでもすぐにエッチになる彼さんだって、
杏のこと言えないよぉん」
「そうだよ?僕はエッチでもいいもん♪」
と明るく言って、杏の手を取りさっさと歩く彼さんでした。(笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2004-09-15 23:03 | +エッチなこと♪
<< SMプレイの出来るラブホ・・・1 いつもありがとうでしゅ♪ >>