飛行機の中で~♪

会社の先輩と付き合ってた頃…
あの頃は社員旅行も海外というパターンが結構あった。

で、もちろん杏は幹事さんでもあったので、何かと
理由をつけて彼さんのお隣の席をGET♪
<この時点で周りにバレバレ??(爆)
行く時は、その前におで~とをしているからだろうか…
エッチな気分になってもなんとも我慢できていた。
だが、数泊を終えて帰国する頃には、疲れと共に
エッチな気分になってしまっていた。
飛行機なので、基本的には椅子に固定されていると
いうことだけど、それでも隣り合わせに座り誰にも
気づかれないようにイチャイチャしているのだ。
<杏のことだから解かると思うが(笑)
帰りの飛行機では、みんな結構ぐったりとしている。
慣れない海外旅行で疲れているんだと思う。目が覚める
頃には、日本だと思いホッとしているのかもしれない。
列車と違って、基本的に自分の座席にしかいられない
という苦痛からか、なんとなく退屈になってくる。
隣の彼さんとプライベート的な話をこそこそとしている。
ふと気がつくと、周りは寝息をたてて寝ているひとが
多くなってきた。話し声すらも周りの静けさにはうるさく
感じるのではと思い、少し話すのを止めた。
杏も結構疲れていたので、コックンってしたりしていた。
それを見た彼さんが笑ったのがわかった。
「んもぉ~笑わないでよぉ~」「だっておもしろかったん
だもん」そしてひと言ふた言交わし、また沈黙…。
杏も自分でも解かってたけど、目がとろぉんとして、
瞼が重くなっていった。
またコックンってなったのが解かった。笑われちゃうかなと
思って彼さんのほうを見ると、にこって笑っている。
杏も照れ隠しで「ん~、ねむぅいぃ~」と笑ってごまかした。
彼さんは黙って杏の頭を自分の肩に引き寄せた。
杏の背丈からいって彼さんの肩の高さはちょうどよく、
でもって彼さんの肩なのでとても心地いいのだ。
(いいのかぁ??)って思いながらも眠さに勝てず
寄りかかることにした。彼さんがスチュワーデスさんに
言って、毛布をもらって杏の肩からかけてくれた。
でもやっぱり周りの目も気になっちゃって仕方がない。
こんな心地いいところで寝ちゃってたら、とても幸せそうな
顔をしちゃうんじゃないかなって思ったり(笑)
杏は眠かったんだけど、彼さんの肩に寄り添ってるって
思ったら、なんだかドキドキしてきた。
(なんで、こんなところで・・・)って思いながら気持ちを
落ち着かせようとするけど、逆に目が覚めてきちゃうのだ。
(こりゃぁ眠れそうにないかも…)と彼さんの肩から頭を
起こした。「どうしたぁ?杏」「ううん、なんでもないけど…」
 (まさかどきどきしてなんって言ったら恥ずかしいもんね)
「気になってるのか?」「あはは、まあそんなとこかな…」
「大丈夫じゃん?俺起きてるし、もし何か言われたら杏が
気分悪いって言ってたので…とかって言うからさぁ~
寝たほうがいいんじゃない?」「ううん、大丈夫ぅ~
彼さんが起きてるんだったら、杏も起きてるぅ~」
「そっかぁ~でも無理しないようにね…」「あぁ~い」
そしてまたコソコソと話しだした。すると、やっぱり
ヒマなのか、杏の胸をさわさわする手が出てきた!
勿論毛布の中でた。
「もぉ~ いきなり、なぁにしてるのぉぉ??」
「いいじゃんいいじゃん。だってヒマだし」
(そういう問題かぁ??)と思ったけど、なんだかまったり
しているからか気持ちいい。
彼さんは腕組みをして、その指先で触ってきたのだった。
ほんとに指先だけなのに、感じるほどだった。
(触っているところが、杏の先っぽの方だからか?(笑))
「杏、しぃ~っだからな」って耳元で言う。
それにもぞくぞくしてきちゃうくらいだった。
(んん、杏の身体変くないかぁ~??)と思いながら
気持ちいい世界の中にいた。
腕組みをしていた右手だけが、杏の太ももへと伸びてくる。
右手の小指がやけに感じる。「んもももぉぉぉ、だめぇ」
彼さんが触れてくるところが、熱くなる感じがして身体が
火照ってくる感じがしていた。
「杏さぁ、ほんとは疲れているから眠いはずだよぉ?
このまま少し俺に身体をあずけていたら、とろぉぉんって
してきて眠くなるってば」と言う彼さん。
なかなか鋭いのだった!
「そうかもだなぁ~でも紙一重って気もするけどぉ?(笑)」
「激しくするわけじゃないから、そんなことないって。。。」
「あはは(笑)」
「でも杏はエッチなことばかり考えているからなぁ~」
(おいっ!誰がそうしたと思ってるのぉぉ!!(爆))
と思いながら「杏じゃないもぉん」「あはは、俺??(笑)」
ってな会話になってきて、結構さっきのどきどき感も
落ち着いてきた。「ありがとね♪」と彼さんの顔をみた瞬間
チュッってキスされちゃったのにはビックリしたけどね~
「んもぉ~~~でも、うれしい♪」と言ってまた彼さんの
肩にもたれかかった。(内心はどきどきしてたけどね)
彼さんはまた、左手でおっぱいを、右手を左足において
やさしくさわさわしてくれてた。
そこから伝わる彼さんの温かさに、ぽかぽかしてきて、
いつの間にか目をとじて眠っていたようだった。
どのくらい経っただろうか、彼さんの肘が優しく杏を揺らし
ほんわかとしていた時間から引き戻された…
「もう着くよぉ~」ってね。

エッチな話じゃなくってごめんちゃ!!
思い出したので書いてみました~(笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2004-11-09 21:34 | +エッチなこと♪
<< keiの手。。。 好きだったなぁ。。。 >>