カテゴリ:+いいのかなぁ?( 8 )

2年前のコト。

杏は実は2年前の年明けに大病をしました。
それから緊急入院→大手術→リハビリ…を経て退院。
調子が悪いからと病院へ行ったんだけど
そのまま緊急入院。
家のコトな~んにもしない状態での入院だった。
主婦が家にいないって大変な事よねぇ…

あれよあれよと日が過ぎて行き、でももしもこのまま
家に帰れなかったら…と考えた時の気持ちは今でも覚えている。
身体が震える思いだった。
手術前にみんなと抱き合った時のコト。
手術台に乗るときに看護師さんに
『あたし生きて返れますよね?』 と言ったコト。
『まだ死にたくない!』 って思ったコト。
『これからは後悔しないように生きたい!』って思ったコト。

そんな時期を経て退院をして、やっと動けるかなという頃…
あたしあのまま生きて返れなかった時のコトを思い出した。
そしたら頭に浮かんで来たヒトが一人いたの。
仲が良かったあたし達の間に入った人のトラブルをきっかけに
連絡が取れなくなってたカレのコト。
あたし何故か彼のコト忘れられないのか
あのままじゃダメだって思ってた人なので
とにかく連絡をとりたいって思っていたの。

あたし勿論アドレスから彼の名前を出して電話をしました。

「現在使われておりません…」

がーん!!!
何回掛けても同じ、メールを送っても戻ってくる。。。
絶望的でした。
会社の名前(自営業)は知っていたので、探すんだけど
同じ名前が多すぎ!!
名前は勿論検索したけど、違う人が出てくるし…
FBでも見つからないし。。。
探すすべがない。

結局旧姓のFBを立ち上げて、そこに書くことにした。
あたしの旧姓ならば、彼も探してくれていたらHitするかなと。
そして自分の名前を検索した場合にひっかかるかなと。

〇〇さんを捜しています…的な文面で載せましたね~はい(笑)

だけど、勿論それ以外は何も出来ず…
彼があたしのコトを捜してくれない限りは無理という事に…
どれだけ確率の低い事だろう。。。

もう諦めるしかないんだ…って思うと余計に探したくなる。
でも、それしかなかった。。。

お願いだから、あたしのコトを捜して…
そう祈る日々になりました。。。
[PR]
by angel_love_chan | 2014-07-10 10:24 | +いいのかなぁ?

電話でむにゅむにゅ…♪

ここらで、またまた『break time』でしゅ~♪

思い出したんだけどね…
K君と知り合った時の事☆
フリーメールにてやりとりをしていた仲だったんだけど
メールよりもチャットってことになった~
yahooメッセンジャーをお互いにインストールして
後はタイミングが合った時にしゃべるだけ~ってな
状態でいた頃があって…
時間もなかなか合わずに日にちが過ぎて行き
K君のblogを見ていたので、どんな人かは
何となくわかっていた(つもりか?)ので
だったら、携帯でやり取りをしようかなと…(笑)
んで、携帯のチャットをする関係になった~
面白い文面だし、楽しい時間となっていた♪

そして次に進むのは生電話(笑)
 … この言い方って、なんか変よね??(笑)
杏は、彼さま以外に男性の声を聞くのは久し振りで
結構どきどきしていた…(笑)
K君の声は、緊張をしていたけど、笑い方とか
しゃべり方とかが優しくって心地よかった♪
杏も、電話をしたからってエッチをするっていうよりは
K君と話をしてみたいって思ったのよね~
確かに『硬派』っていう言葉が似合う感じかな(笑)
やり取りを初めて、数ヶ月経ったのもあったし
初めて話す気はしなかった~(笑)
ただただ、ほんと恥ずかしかったなぁ。。。

K君もたまたま長期出張だったし、ホテルでの生活で
いい時間潰しになっただろうけど~?(笑)
彼も杏と同じで、すぐにエッチとか、電話=エッチでは
なかったところもよかった☆
いろいろな話をして、おしゃべりしたい杏も楽しい時間になる。
楽しいし面白いし… もちろんエッチな話もするし(笑)
K君は、『いつかは杏と電話エッチしたいなぁ~』 と
言ってくれていたのは、とっても嬉しかった(笑)
そういう対象で見ていてくれているって…ねぇ?(笑)

でも、大きな声では言えないけど、杏は電話エッチは
ためらっていた… つもり…(笑)
そんなすぐにしちゃったらなぁ~とか、いろいろ思って(笑)

そしてある日…
そう、ある日、K君が仕掛けてきた感じ?(笑)
お互いにエッチな話もするしいろいろと解っているんだけど
いとも簡単に杏のエッチなスイッチを見つけていた…というか…
杏がK君のペースに巻き込まれていたというか…(笑)
普通に話をしていた中で、K君が杏に言ってきた…
『やばい、大きくなってきちゃった…』 って。
ほんと普通にしゃべっていたのに…(笑)
いつもは、ここで杏もしっかりと返せるんだけど
その時は何かが違っていた…
そう、杏は「きゅん♪」って。
一瞬そんな感じに襲われたのだ。
そんな風に言われるのって、久し振りだったし。。。
その日はなぜかそうなってしまった自分が気になる。
まぁ、杏もそもそもがエッチだからね~(笑)
そりゃ~久し振りだったし時には反応するさ~(笑)
でも、油断をしていたのもあったのかも(笑)
んで杏のスイッチも軽く押されている状態に。
やりかけていた事をやりながら通話が続く。
普通に話しているんだけど、時々K君が仕掛けてくる。
杏も、その日はなぜか抑えられずに、用事を終えた途端
誰もいない2階へ向かった。
話をしながら、杏はラグの上に寝転んだ。
そこでも普通の話が続いていた。
でも、杏もしたくなっていたのは事実・・・
K君の声が、すごくに耳の奥を刺激してくるのだ。

なんで、こんなになっちゃっているんだろうか???

身体は正直なのよね~(笑)
K君の声のトーンが変わって来た。
同時に杏も。。。
その変化は杏にしか解らないと思っているがどうだろうか?
恥ずかしいし、電話エッチもしばらくしていないし
相手によってやり方も違うし、杏は対応出来るだろうか?という
心配もあった。
でも、スイッチの入ってしまった杏も抑えられない状態に。
身体が感じてるのだ。
今日はイヤホンがないけど、携帯を持ったままで大丈夫?とか。
K君もどんどんエッチになっていった…
「この人は、どんなエッチをするんだろうか?」
とっても恥ずかしかったけど、杏も自分で自分を触ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・凄いことになっていた・・・・・・・・・・・・・・・・。

杏ってば、ほんともう凄く感じてしまっていて
あそこから溢れ出そうだった。
たっぷりと濡れ濡れになっている自分に驚いた。
だけど、感じられている自分にも酔ったのかも。。。
そのままK君に言われるようにしてみた。
K君も凄く気持ちいいみたいで、それを聞かせてくれる…
電話の向こうで聞こえるカレの音…
そんな音を聞くのが久し振りだった。
すごくキュンって恥ずかしかったんだけど彼に任せた。
K君との初めての電話エッチ。
杏には時間がなかったんだけど、ギリギリまで楽しみたいと思った。
K君の声が耳から聞こえてくる。
K君のカレの音が、耳から聞こえてくる。
とってもエッチな状態になっていた。
杏もとても興奮してきた。  熱い。
K君は杏の好きなことを知っているんだろう、感じることを
言ってくれるので、杏もさらに興奮する。

杏の手が早く動き出した。
気持ちいいところは勿論自分で解っている。
K君の声と共に、杏も手を動かす。
気持ちいい・・・ 感じる・・・
あっという間にイキそうになってしまった。
「イッちゃうよぉ?」 と言うと、『いいよ、イッて』とK君。
いあいあ、もうイッちゃうの?というスピード(笑)
でも、とっても気持ちよかったし、時間もなかったので
K君の『いいよ』 の一言で、あっという間に杏は果てた。
電話の電波がよくなったので、あまり聞こえなかったけど
K君は、まだのようだった。
あっ、初めての電話エッチなのに杏だけイッちゃってやばいっ。
そんな気持ちになったんだけど、イッちゃった。。。
でもK君はイッていないけど、すごく達成感があると言ってくれた。
そんな事を言ってくれた人は、過去にいなかった。
でも、杏だけ果てたことは もう『イッちゃったの~?』と…汗
そりゃ、そうだよねぇ…
「ごめんごめん」と連呼して誤ったけど笑ってたっけ(笑)
不覚にも、杏ちゃん先にイッちゃったのよねぇ。。。
今までこんなことは初めて~(笑)
ほんと不覚にも…だった(笑)
次はK君だけを気持ちよくしてあげたいって思った。

少しして用事を終えた杏からK君に連絡をしてみた~
また普通の話をしていたんだけど、やっぱK君は果てていないし
同じように杏としゃべっているだけで反応していると言ってくれる。
それも、すごい感じ方をしてくれていると。
声で反応してくれるって、不思議だけどうれしい♪
杏も単純なので、どきっとしながら話していた。
K君は『また凄いことになってる…』 と声のトーンを変えて言う。
「ん~ん~ん~」 杏もどきどきしちゃう。
だけど、家の人が1階にいたので、さすがに杏も警戒(笑)
上がってきたりしたらやばいし、声も大きく出せない。
気持ちいい声を聞いたら、もっとK君も喜んでくれるかな?とか。
杏はまたベットの上へ移動した。
部屋の入り口よりもなるべく奥に。。。
充電もしなくてはいけなかったしね~(笑)
目をつむるとK君が横で囁いてくれているみたい。
そんな風に、リアルに聞こえてくるK君の声。
だけど警戒中の杏なので、K君だけイッてもらいたかった。
そんな中K君は、『杏も感じてるんでしょ?』 と言う。
見られているのか?と思うくらい。
でも、その通り杏もどきどきと感じていたのだ。
自分で警戒しているから無理だろう…って思っていたのに
溢れんばかりに濡れ濡れになってた。

杏の身体、どうしちゃったんだろぉ???
完全にK君のペースだった。
家の人が来ちゃいそうだったけどK君に言われるがままに
杏は果てた。

そして、また果てた…

そして、また。。。

何回しちゃっただろうか???(笑)

果てた後に杏はうつぶせになったまま、むにゅむにゅしてた。
気が付くと凄く声のトーンが違っていたのだ。
でも、どうしてもその声になっちゃうのよね。。。
気が付いた時に直したんだけど、でもやっぱ戻っちゃう。
ぐったりまったりしてるからなんだろうけどね~
油断しまくっていた自分に気が付いた。

杏ばっかりじゃダメ~(笑)

ってことで、今度は杏が攻めてみた。
電話口で自分の指をしゃぶりながらK君に聞かせてみた。
K君の感じてる声が聞こえてくる…
音にも変化をさせて、指の舐め方も変えたりして…
吸ってみたり音を立てたり、そして手の動きも伝えた。
その度にK君の声が変わったりする。
気持ちよさそうだった…
カチカチでキラキラしたモノが出ていると言っていたカレ。
そのカレが果てる時が来た。
杏は「ゴックンするから、受け止めるから…」と伝えた。
K君も『嬉しいよ…』 と言って果てた。

気持ちよさそう。。。

その後も少し話していたけど、K君ったらまた感じているようだ。
杏の声を褒めてくれる。
杏も褒められると恥ずかしいし嬉しいし、身体も応えたいって思う。
そしてK君をまたエッチに攻めてみた。
カレもそれを望んでいるかのようにスタンバっていたようだ~
見えないけど、その感じが解るのだ。

両手が使えないし、声も思いっ切り出せなかったけど
ひっさしぶりの電話エッチ。。。
なかなかよかったなぁ~(笑)

K君、気持ちよかったよん♪
ありがとう~  (*^-^*)ゞ
[PR]
by angel_love_chan | 2013-10-08 01:32 | +いいのかなぁ?

移動開始~(笑)

杏が運転してラブホを出るのも、久し振り~(笑)
彼さまはビールを飲んじゃっているので仕方ないもんね~

車に乗ってもKissをしてからの出発(笑)
さて、どこに行こうか…(笑)
って言っても、TDLに行っている友人を迎えに行く時間まで
あとたったの4時間程度。。。
とりあえずご飯を食べに行こうという事で、
前に杏が住んでいた最寄り駅に移動した~
そこならばTDLにも近いし、移動時間もかからないしいいかと。
車を停めて歩いた~
お目当てのお店は焼き鳥屋さん♪
そこの『つくね』が大好きなの~(笑)
だけど、入店できるまで30分程度とか…
その時間ももったいないので、少し歩いて探すことに。
ほんと懐かしいお店があった~
初めて食べて感動した『とんぺい焼き』にしようか?という
彼さまの提案で行ったお店もまだあった!
「うわぁ~っ、そうそう、ここで食べた時美味しさに感動したのを
思い出した~!」と喜ぶ杏♪
でも、やっぱ胸がいっぱいでそんなに食べられないと思い
他に捜すことに。。。
やっぱり手をつないで歩いた~(笑)
途中で貝殻つなぎにもなるんだけど、ほんと恥ずかしいが
もう回りなんってどうでもよかった(笑)
駅周辺はいっぱいお店があるので悩みながら歩く~
『昔はこうやってよく探しながら歩いたよね~』 と彼さま。
「覚えてるの~??」
『そりゃ~覚えてるよ♪』

なんか、うれしかった☆

そして見つけたのが【隠れ家的な空間】 って書いてあるお店。
カップル用の個室があるとこ。。。(笑)
杏は「ここがいい!」 と伝えて入って行った。
ちょうど席も空いていたしそこに決定~(笑)
空間はほんと落ち着いていて心地いい☆
照明も少し暗めで落ち着くし、雰囲気がよかった♪
お料理は…
結局ほんとに胸がいっぱいであまり食べられなかった(笑)
飲み物は、杏は彼さまと一緒だとカクテルとか飲みたく
なるんだけど、車の運転があるので断念(笑)
結局滅多に飲まない炭酸ジュースを飲むことに(笑)
『グレープフルーツジュースの炭酸割りとかなら
酎ハイの感じがあっていいんじゃない?』という彼さまの
提案でそれを頼んだ。
彼さまは『今日はホッピーにしようかな?』と。
杏はホッピーを知らなかったので(名前は知っていたけど)
それを頼んでもらった。
ホッピー初体験!(笑)(…もちろんアルコールはなしよ)
ほんとにビールの味がしたっけ(笑)
そして、仕事の話とか会社の話とか…
杏も長いこと一緒に働いていた会社で、今もお付き合いもあるので
状況はよくわかるのだ~
当時働いていた後輩とも今でも連絡を取っているし~(笑)
彼さまも社内の愚痴を杏に話す~

なんだか、タイムスリップしたみたいいな感覚だった…(笑)
昔もこうやって夜な夜な飲んで仕事の話をしながら
怒られたりしたなぁ~って思った(笑)
でも、今回違うのは、杏が仕事を辞めているってこと~
なので、彼さまはあの頃を振り返って杏をよくやっていたよな~と
褒めてくれるの♪
働いていた頃は、そう簡単に褒めてくれなかったし
どんどんとあおられる感じだったけどね(笑)
なので、当時はそんな風に思いながらもお尻を叩いてくれて
いたんだなぁ~って。
だけど、ちゃんと杏の努力は解ってくれていたんだなぁ~って…

ほんと心地いい時間だった♪

ビリヤードにでも行こうか!ってな話にもなったけど
もうTDLも閉園の時間になりつつあって…
30分程度しかなかったので断念。

どんどんとお別れの時間が過ぎて行く。。。
彼さまの横に座って過ごす時間がほんと心地いい~
心地いいから時間が過ぎるのがとっても早くって嫌だ。。。

そして、あっという間に9時半を過ぎてしまった…

『そろそろお迎えに行かないとだね。。。』 

お店を出て駐車場まで送ってくれた~
杏は、まだはぐやKissをしたかったので
「一緒に車に乗ろうよ~」と彼さまを誘った。
まだ暑かったのでエンジンをかけて乗った。
そしてはぐを求めたら、彼さまはKissを返してくれた。
それも長くて濃厚なのを。。。
Kissで会話をするのが大好きなので止まらない杏。
一度唇同士が離れたんだけど、また数回軽いのをして
それからまた濃厚なのに変わっていく…

それを止めたのも彼さまだった。

『もう行かなきゃ間に合わないよ~』 と。

ほんと友人からも外に出たよというLINEが入っていた~
杏も「やばいっ」と思い、出発することに。
何とか駐車場を出て、彼さまの後姿を見ながら向かった。

今回の東京行きは急だったけど、とりあえず
彼さまに逢えた事で、杏は最高にHappyな気持ち♪

TDLまで向かうのに10分程度かなぁ。。。
杏の洋服についたタバコの匂いに、友人や子供たちは
どう反応するんだろうか???とドキドキしながら向かった。
途中で杏の顔がデレデレになっているのに気が付く…
結構焦ったけどね~
学生時代の恋愛中みたいな感じになってたわ(笑)
杏ちゃんも、まだまだ若いってか??(爆)

そして、遅れてしまったけどお迎えの場所に到着~
友人の子供達は、杏を見つけると走って来て
「すっごく楽しかった~」 と抱きついてきた~(笑)
特にタバコに対しての反応はないのでひと安心(笑)
だけど、友人はさすがに気が付くよね~(笑)
その後帰りの車の中では、子供たちは寝ちゃっているけど
友人からの聴取はたくさん受けることになったわ~(笑)

今度はいつ逢えるかなぁ・・・? (笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2013-09-10 11:18 | +いいのかなぁ?

杏ちゃん東京へ。。。

急遽東京へ行くことになった杏。。。

出発当日は支度をしていたし、後は運転手だったし
車中で友人と東京での予定を組む事になっていたので
彼さまに連絡も出来ずにいた。

友人達がTDLに行っている間に、杏は別行動を取っても
いいよってことになった~
夜中に出て明け方に到着。
外は明るいが、杏が別行動を取ってもいいという歓びで
どきどき興奮していた~(笑)
杏の実家でとりあえず仮眠をすることに。。。
翌日は(…と言ってももう当日だけど)お台場へ…
お台場なうぅ~という写真と共にLINEを入れてみた。
勿論彼さまは仕事中…(笑)
急で悪いなぁ~と思いながらレスを待つ。。。
日々忙しいのは解っているし、急に行っても迷惑かなと…
逢えないのも覚悟しなきゃと思ってもいた。
その日はとうとう連絡がない。
だけど、彼さまの事なので、ダメだったらダメという
連絡が来るだろうという想定をしていた。
翌日は、彼さまと逢えると言う予定で動いた。

そして、やっと彼さまからLINEが入った。
ところが…
『午後一番で打合せがあって、その後は仕事の進み具合かな』
と。。。
「えええええええっ!!!」
まぁ仕方ないんですけどねぇ…
杏は、とりあえず友人たちを送って(もうお昼過ぎだった)
一人暮らしをしていた頃のエッチな思い出がいっぱいの
マンションを見たり、その近辺をうろうろしながら待つ事に。
眠くなったので、車で寝て待とうと思っていた頃LINEが…
『パソコンを持って行くから、仕事手伝って~』 と。
(やった~っ!!!)
杏は、速攻で起きて化粧を直して向かった。

会社の人達には会いたくなかったので(ってかヒミツだから)
前にもよく帰りに待ち合わせをしていた所で待つ事に…

杏の心は、わくわく&どきどき!
ある意味怒られそうでどきどき…(笑)

そして、バックミラーに彼さまの姿が…(*^-^*)
助手席に乗った彼さま。
何て言っていいか解らなかったけど、ごめんなさい…と。

彼さまは怒っていなかったけど
『前もって連絡くれないと仕事の調整がつかない…』と。

だよなぁ。。。

そして、パソコンを持って仕事をする場所…
あたし達にはラブホしかなかったが、ちと離れたところの
ラブホに向かった。(笑)

『とりあえず、仕事だからなぁ~』 と、彼さま。
「いあいあ、解ってるってばぁ~」と、杏。
彼さまとだったら、例え仕事をしていてもOK。
むしろお手伝い出来ることならしたいしね~♪
とにかく一緒の空間にいられるだけでHappyなのだ♡

ノートパソコンをセットして、ちゃんとあたし用の仕事を
用意して来ていたので、それを必死でこなす。
変な感じだったけど、とりあえず我慢我慢~(笑)

杏は意外と真面目なので、ちゃんとさくさく(?)と
こなしていった。。。(笑)

つづく。。。。。  引っ張るね~杏ちゃん(笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2013-09-05 23:21 | +いいのかなぁ?

朝が来た…

家に帰ったのは4時前…
3時間も眠れなかった。
そりゃ~そうよねぇ…
10年振りに逢った彼さまとの夜を過ごしてしまったので
興奮して眠れる訳がない…(笑)

外は気持ちいい夏空。
青い空が広がっていて風も気持ちよさそうに吹いている。
今日は逢う予定ではなかったんだけど、出張先まで
車でドライブしたくなった。
そこは半島の下の方の観光地なのだ。
送るだけでもいいので、一緒にいたいと思った。

大体の時間は聞いていたので、メールをしてみた。
ほんとそこまで送るだけなので2時間程度かなぁ。。。
それでも一緒にいたかったのだ。

彼さまも、『ドライブしようか!』 ってな返信だった。
杏は急いで支度をした。
昨日愛し合った身体をシャワーで流した。

昨日、いあ…ついさっきまで一緒にいた駅まで迎えに行った。

朝の明るい太陽の日差しの下で逢うと恥ずかしい…(笑)
そして車に乗り込み行先を設定~(笑)

杏はそっちに方向には行ったことがあるけど、詳しくはない。
ナビ設定をしたものの、結構道が混んでいる。

『運転しようか?』 と彼さまが言ってくれた。
「うん♪」 と杏。

サービスエリアで交代~
ひっさし振りの彼さまの運転。
エッチも上手だけど、運転もすごく上手なのよね~(笑)
彼さまの運転している横に乗るのが好き。。。
彼さまの導きに身を任せるのが好き。。。

すると彼さまがこう言った。
『今日はセミナーに参加しなくてもいいので、行ったという
 サインだけしにいけばフリーだから、夜までドライブだ♪』 と。
「えええ、いいのいいの??」 と杏は喜んだ。

思いもよらなかった~
送っていくだけと思っていたので(笑)
夜まで一緒って…
まだまだたくさん一緒にいられるじゃんって秘かに思った。

音楽を聴きながら、いろいろな話をしながらの2人だけの空間。
ゆっくりと時間が過ぎて行く。。。

セミナーみたいなものの大きな会場に着いた。
名前だけ書いて、他の仲間と一瞬だけ合流して
またあたしの所に戻って来てくれた。

『よし、これで夜までフリーだ~』 と。

と言っても、このあたりに全く詳しくないので迷った。
とりあえず2時くらいだったのでランチを。

走っていたら伊勢海老が食べられる食堂があったので入った。
伊勢海老と海鮮丼とノンアルコールビールを(笑)
胸がいっぱいで食べられないので、海鮮丼は分けて…

一緒にこうやってご飯を食べるのも10年振り。
その後、ちょいちょいと観光地を巡ったけど真夏で暑くて
大変だったので車で走ることに。。。

パールロードとか、なんやかんやと走り続けた。
前はゴルフに行くときにこんな感じで走っていたっけなぁ~

景色もよかった♪
左は海が広がり、右側は山。
ところどころ山道に入る。
海が下に広がっていて、ほんといい眺めだった。。。
展望台に行った後に走り出す車の中でKissを求めた杏。
優しく応じてくれる。。。
でも、それを通りかかった人に見られちゃったっけ…
きゃっ! (*^-^*)ゞ

彼さまの運転している車に揺られている時間も好き・・・。
結局 彼さまと一緒なら杏はどこでもいいのだ~(笑)
杏自身が本来いるべき場所なんだな…と実感していた。

彼さまと一緒にいる時間が、杏が一番杏らしくいられるの。
杏が本来望んでいた【杏がいたい場所】なんだ。
一緒にいるだけで心から心地よくって、気持ちよくって
空気みたいで、安心出来るの。
穏やかでいられるんだ…そう確信してしまった…

あっという間に夕方になった。
そろそろ他のメンバーと合流をしなくてはいけない時間。

「明日も逢える?」 と杏。
『うん。 朝早くにまた駅に行くから…』 と。

心の中で(やったぁ!!!)と叫んだっけ(笑)

また時間が解ったらすぐに連絡するから。。。 と約束。

それからかなり長い時間一人で運転して帰らないといけなかった。
夏休みだしそりゃ~有名な観光地の帰り道なので混むよねぇ…
予想通り思いっ切り渋滞~
3時間超えのコースだったわ…(笑)

でも気持ちはまた明日に向かっていて、一人で
運転をしていても全く寂しくなかったなぁ。。。(笑)

早く明日にならないかなぁ~と思うし、
でも明日は帰っちゃうんだよなぁ。。。と寂しくもなる。

そして、明日はまたホテルに行きたい…と思った・・・
[PR]
by angel_love_chan | 2013-08-30 09:45 | +いいのかなぁ?

花火を見たっけ~

テレビで熊野花火のコーナーを見た~

そして、その凄さに圧倒されて。。。
テレビで見ていても凄かったので、実際も凄いんだろうなぁと。

と、そう思っていたところ昔の事を思い出した。。。
もうどのくらい前だろうか…
東京で有名の【江戸川花火大会】だ。
仕事関係の方たちが早くから場所取りをしてくれていて
あたし達は招待してもらえるんです(笑)
ラッキー☆

勿論同じ会社の彼さまと一緒に。。。
数日前から花火の日が楽しみで仕方無かったなぁ~

いつも彼さまとは一緒にいたいと思っていたからね(笑)

そんな大好きな彼さまと一緒に大きな花火を目の前で見れるって
とってもとっても幸せだものね~♡

会社からはタクシーで向かい、その後は場所をとっておいて
もらったところまで徒歩…
暑いし人が多いし大変。。。
でも、彼さまは誰にも解らないように一番後ろで
迷子にならないようにと杏の手を握りながら歩いてくれる。
手を引かれながら歩くのが好き。。。

そして花火会場に。。。
今では結構当たり前になっているけど、どっか~んと
ブルーシートを2~3枚ほどの場所があった(笑)
だけど、仕事で来れない人もいたのでが~らがら(笑)
江戸川という川の土手沿いに場所取りがしてあるんだけど
そこが結構急な斜面で…

杏はいつもストッキングとスカートの格好なので
座ってもつるっつるって滑る滑る(笑)

それを見て大笑いしたっけ(笑)
彼さまは、俺の後ろに座るといいよ~と
自分が滑らないように支えてあげるという(笑)
少しの間その状態でいたんだけど、かなり大変なので
杏はストッキングを脱いじゃった(笑)
暗いしみんな花火を見上げているので解らないかという事で(笑)

脱いでちゃんと座れるようになってからは彼さまの横に
ちょこんと座って花火を堪能しました~
めちゃめちゃ綺麗で感動して知らず知らずのうちに
涙がこぼれていたのをしっかりと記憶している。

彼さまの向こう側にみんながいたので、
杏は彼さまの手を握りながら肩に頭を預けたり…
それだけでもドキドキしているし、花火でわぁ~っていう気持ちになり
お尻から感じる花火の振動もあってか、身体が不思議な感じに…

ほんと心地のいい時間を過ごせていた…

その後はそのまま解散みたいになって。。。
会社の仲間からははぐれたという感じで二人になって…
駅側のお店が混んでいるので、うろうろただ歩いたっけなぁ。。。

結局タクシーに乗って近くのホテルに入ったっと思う~
いっぱいキスして、いっぱい抱き合ったなぁ。。。
[PR]
by angel_love_chan | 2013-08-19 16:40 | +いいのかなぁ?

やばい、心が揺れる…。

元カレさんに会ってしまった…(;'∀')

なぜ急にこのblogを開いたかというと。。。
誰にも言えない話を書きたかったからなのかも…

ここのところ、杏の心が動揺しているの・・・

まずはどうにか落ち着いて、気持ちの整理をしたいんだけど
どうにも出来ずにいるの。

杏、おちつけ~!!
[PR]
by angel_love_chan | 2013-08-16 19:36 | +いいのかなぁ?

ゴックンしちゃった!いけないのぉ?

彼(Y)さんと一緒の部屋にいてお話しをしていた。
布団の上でごろごろしていたYは
コタツに入っている杏にいきなり『大きくなっちゃった』って言った。
杏も布団の上にいく。
彼は「して欲しい。。。」って杏の頭を自分のところに促す。
わざとじらしながらジーって見ているままでいた。
ズボンの中でどんどん彼さんのアソコが大きくなっていくのがわかる。
上から触ってみた。ぴくんってした。。。
彼さんは我慢できずに中から大きくなったアソコを出した。
ほんとに大きくなってる。
杏は柔らかくアソコを含む。。。
彼さんが声にならないため息をもらす・・・
根元の方は手で愛撫し、そのほかは杏の口や舌で愛撫する。
どんどん大きると、杏も興奮してくる。
彼さんの手が杏の腰に回ってくるけど、
それから逃げながら愛撫し続けた。
だって触られちゃうと、感じちゃって続けられなくなっちゃうから・・・
その時は、彼さんをイかせたかったから。
彼さんから『上手だね・・・』って言われるのがうれしい!
その言葉に応えるようにもっと激しく愛撫。
そして彼さんがイク。。。
量も少なかったし口の中のもの思わずゴックン・・・。

その後車に乗ってお出掛けしたんだけど、彼さんから
「あのさぁ、自分の出したのをゴックンしないで。。。」って。
今までそんなこと言われたことのなかった杏は
ちとビックリしてしまった。
「普通は飲まないよぉ」って言う彼さんだった。
それが何となくひっかかってしまい、すぐに別れちゃった。

そりゃぁ美味しいわけではないし苦しい時だってあるけど
相手も杏のをそうしてくれるんだからって思って
杏も応えているつもりだったのに。。。
吐き出すのも悪いなって思ってたのに。

杏が初めてそれをしたのは、20代の前半。
初めての時は抵抗あったけど、やっぱり大好きな人のだし
そうするものだと思って今まで頑張ってきたのに。。。
勿論あまりにも量が多かったり、濃かったりしたときは
出来ないときだってあるけど。。。

ゴックンは皆しないものなのかなぁ?!
今まで杏と付き合ってきた人は、誰もそんなこと言わなかったけど
ほんとは変だって思ってたのかな???

誰かぁおしえて~!!
[PR]
by angel_love_chan | 2004-08-14 22:14 | +いいのかなぁ?