飲み屋さんで♪

杏と彼さんは、お客様の付き合いで、クリスマス
パーティーに招待されたときのこと。。。
お昼くらいに始まるパーティ。
そこで、飲みながらダンスを見るという感じなの。
(あたし達は踊らないけどね(笑))
お変わり自由というのもあって、お酒の強い彼さんと
杏は、いい気持ちになってた。
そのパーティが終わったのが3時半くらいだった。
その後、『これからどうする?』という彼さんに
「どうしようかぁ~」と答える杏。
もちろん彼さんは『エッチしにいく?』と聞いてきたが
まだ明るいので、「まだ明るいしねぇ~」って返した。
飲むにもまだお店は開いていないしってことで
とりあえずゲームセンターを覗きに行った。
その後、少しデパートでもうろうろする?ってことで
駅に隣接しているデパートに入った。
そこで少し時間をつぶし5時前になった頃に
『そろそろ飲み屋さんもやってると思うから
飲みに行く??』ってことで、レストラン街にある
お店に行った。
そこで目に付いたのが、焼き鳥屋さんだった。
確かにお腹は空いていないんだけど、とりあえず
雰囲気もよかったし、誰もいなかったってのがあって
静かだからいいかということで入ることにした。
カウンター席から離れて、一番奥の席に案内された。
4人席に案内されて、座ってお酒を注文した。
そして、お酒も来て、向かい合って飲み始める。
「おいしいね♪」『そだね♪』ってな会話から
いろいろな話を始めた。
すると、なんだか杏の膝のあたりをもさもさする
ものを感じた。
そう、それは彼さんのつま先だった(笑)
向かい合って座っているので、テーブルの下から
足を伸ばして、杏の膝の間をもさもさしていたのだ。
最初は「んもぉ~エッチなんだから」と逃げていたり
逆に彼さんの方を攻めてみたりしていた。
そうすると、杏の足を手で掴んじゃって、さわぁ~って
優しく触りだすのだ。
くすぐったいような、気持ちいいようなって感じになる。
すでに飲んでいるってのもあって、制御できない。
思わず口に出たのが「ねね、横に座ってもいい?」と。
4人掛けの席で並んで座るのも恥ずかしかったけど
もう二度と来ないところだし、隣に座りたいんだもんって
いう気持ちが抑えられなかった(笑)
彼さんも酔っていたし『うん。おいで~♪』ってことで
並んで座ってまたお酒を口にした。
杏の左手は、彼さんの右太ももも上に添えられている。

相変わらずお店にお客は入ってこない(笑)
突然、彼さんの手が杏の太ももに触れてきた。
杏は、彼さんにもたれかかろうとした時に
『ダメだよぉ、杏。平静でいなきゃ』ってことで
まっすぐに座るように言われた。
「んでもでもぉ~」 『がんばれー』って感じで。
そして、彼さんに言われるように杏は頑張った。
だんだんとスカートがめくられてくる。
「見えちゃうよぉ」
すると、コートをかけてくれた。
(って並んで座ってるカップルの足元にコートなんって
今考えれば、絶対に意味深だよね(爆))
そして、あっという間にスカートがまくれて
太ももがあらわになる。その太ももをまた優しく
さわさわぁ~ってしてくるのである。
今度は『あぁん』と声が出ちゃった。
彼さんは、反対の手で杏の口を思わず抑える。
「声も我慢だからね!約束だよ」って言う。
お店の人は、注文をしないので姿すら見せない。
お客も誰も来ないのをいいことに、彼さんは
どんどんとエスカレートしてくる。
杏の左耳にふぅうぅぅ~って息をかけたり、頭を
抱き寄せるようにして、反対の耳をさわさわしたりと。
やたら杏の身体に触れてくる。
彼さんが『杏、俺お代わり欲しいな』と言うので
「んじゃ、手を止めてよお」と言った。
『わかったよん。来たら止めるから』という彼さんなので
お店の人を呼んだ。
姿が見えてきたので、約束どおり彼さんの手は止まった。
そして、お店の人があと5mってところまで来た途端に
また手が動き出した。
「あんっ」と小さいが声が出ちゃう。
『杏、ダメ!ちゃんと注文して』と彼さんも小さい声で言う。
お店の人が来たので、とりあえず彼さんのお酒を注文した。
そして何事もなかったかのように、調理場へと消えて行った。
「んもぉぉ~ いきなり触ったから大変だったよぉ~」と
言う杏に彼さんは『んふふ』と悪戯に笑う。
『でもさぁ興奮しただろぉ??』というが、杏は緊張と
驚きとで、殆ど覚えていなかった(笑)
「必死だったから忘れちゃった」と答えた(笑)
んまぁお店の人も、酔っ払いだからと思ってただろう~
そして、また飲み始めた。
彼さんは、今度は杏の右腰あたりに手を回してるだけ。
杏は、身体を彼さんにもたれさせながら、ほんわかムードで
飲んでいた。
段々と酔いも回ってきたときに、腰に回ってた手が
杏のお尻のほうへと移動していくのが解った。
酔っていたし、気持ちいいので特に抵抗はしなかった。
だけど、その手は今度はもっと悪戯に動くのである。
杏のスカートをぐいぐいと引き上げて、真後ろから
お尻の下の方へと手が入る感じになってた。
「んん~ここじゃダメだってばぁ~見えちゃうって」
『大丈夫ぅ、俺がちゃんと見てるから。見えないように
するから、触らせて・・・』と彼さん。
杏も気持ちよかったし、ほわほわぁってなってきた。
お店の中ってのを段々と意識しなくなってきたかもだ…
彼さんの手は、お尻の割れ目の間から、前へ前へと
来ようとする。
タイツをはいていたが、いつのまにか、タイツの中に
手があるのだ。
さらにぐいぐいと杏の熱いところへと近づいてくる。
『声は絶対に我慢ね。どこまで我慢できるか試して』
という彼さんに、杏は「わかったぁ」と答えていた。(笑)
彼さんの手は、杏のアソコに今にも届きそうだ。
『少し腰を上げて…』 杏はその通り少し腰を浮かせた。
彼さんの手は、杏のアソコの真下にある。
『いいよぉ、ゆっくり座って。。。』 言われる通りに
腰を沈めた。
「あぁぁぁん!!」 すごく気持ちよかった。
『杏、すっごく濡れてるよぉ』と耳元で囁く。
「んんん~ きもちいいよぉ」と伝える。
『指を少し動かすよぉ』 と彼さん。そしてその通りに
杏の中を指が遊んでいる。
「んん、ダメダメぇ」 と腰を浮かせようとしたけど、
彼さんに抑えられてしまう。
『わかったわかった、杏は感じやすいから、動かさない
でいるから、座って…』と。
そして、ずーっと彼さんの指を入れたままでいる。
恥かしい。。。
少しして、『すみませ~ん』と店員さんを呼ぶ彼さん。
「ちょっとぉ~ちょっとぉぉ この状態じゃ無理無理~」
『ちゃんと注文してね♪』 と完全に遊ばれている杏。
そして、すぐに店員さんがやってきた。
杏はお店の人に注文をする。
「えっとぉぉぉ。。。○○のチュウハイを。。お願い。。。
しますぅ~~」と。
彼さんの指は、少しだけど、杏の様子を見ながら
動いていたのだ。
そして店員さんが去っていた。店員さんの表情は
全く覚えていない。
『杏、エッチだなぁ・・・入れられながら注文してたね』
「んもぉぉ~ ダメダメぇ」
『エッチな声だったね。いつもの杏と違って、感じて
いるときの声で注文してたね~』と意地悪に言う。
「んんんん、そんなことないもぉん。」と言ったが
心の中では、確かに声が違うのかもしれないと思った。
彼さんとあたしにしか解らないけど、確かに感じはじめると
声が変わるのだ。
彼さんは、その声で注文してもらいたかったそうです。
『今日はここまでね♪』といい、出す前に、ぐりぐりぃぃって
激しく杏の中を掻き回した後に、ようやく解放してくれた。
『すっごく濡れてるよ、杏のココ…』と言いながら。
めちゃめちゃ恥ずかしかった。
一瞬にして酔いは醒めた。
お店を出ることにして、エレベーターに乗りながら
杏は、彼さんの耳元で囁いた。
「こんなにぐちょぐちょにしたんだから、ちゃんと責任とってね」と。
『解ってますよん♪』 と彼さん。
そして、ラブホ街へと歩いて行きました♪

って、今思うと過去最高に恥かしいエッチな体験だったかも。
酔っていたから出来たのか。。。
でもね、今もはっきりと思い出せるけど、かなり興奮しましたね(笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2004-12-24 16:37 | +エッチなこと♪
<< エッチで発散?(笑) シチュエーションエッチ♪ >>