朝のラッシュの中で・・・

彼さんとラブホに泊まった翌日、一緒に通勤する時のこと。
すっごいヒトだから、背の低い杏はヒトとヒトとの間に
埋まってしまう感じ~(笑)
しかも、つり革に届くけど、自分を支えるだけで精一杯(笑)
なので彼さんは杏を守ってくれるのである~
ある朝の場合は、うまい具合にドア脇が確保できた。
杏をドアと椅子の脇に立たせてくれて、その前に
彼さんが杏を守る形で立ってくれる。
最初の頃は、混んではいるけど、まだ大丈夫♪
彼さんが支えてくれているのかもしれないけどね(笑)
向き合って立っているんだけど、だんだんと人が増え
彼さんとの距離がなくなった時に、杏は恥ずかしくなる~
昨夜の熱い夜を思い出しちゃうからだ。
思わず向かい合ってると、抱き合ってた光景が浮かんで
来てしまい恥ずかしいので、くるっと向きを変えて
彼さんに背中を向けた。(笑)
彼さんも安心してか杏の背中にピタッとくっついてきた。
その向きでもやっぱりドキドキしちゃう。(笑)
彼さんの身体のある部分が、杏の腰の辺りにあたる。
ちらっと後ろを振り返ってみたら、にこにこって笑ってた(笑)
「えっち」と口だけ動かして彼さんに言うと
さらに照れてたっけ~(笑)
杏の腕を掴んでいた彼さんの手が、杏の身体と手の間に
するするって入ってきて、おっぱいの横の方をさわさわする。
さすがに大きな動きは無理だけどね~
ブラをしている上から触られたりしてると、いつの間にか
杏のある部分が硬くなってくる。
身体が少し彼さんにもたれかかるような感じで
一瞬とろぉぉんとしてしまう。
が、やっぱり電車の中、それは無理なので頑張る。
すると、また少しして、その手がどんどん下がってくる。
そして、杏の腰の辺りから斜め前へと移動する。
さすがに角で見えないと想っているが、やはり恥ずかしい。
身体を回転させて、交わす(笑)
逃れたかなって思ったら、今度はお尻をさわさわしてくる。
杏は、お尻を触らせないようにと、わざと彼さんの身体に
くっついていく~
また硬くなったのを腰のあたりに感じた。
もたれかかると、また前の真ん中辺りに伸びてくる。
交わしながらも杏の身体はどきどきして感じてる。
熱くなってるのは言うまでもない。
どうしても、昨夜のエッチが思い浮かんじゃう。
すると、さらに熱くなる・・・

それを数回繰り返しているうちに、降りる駅に到着する。

ドアが開き、二人は降りることになる。
歩きながら『杏、感じてただろぉ?』と彼さん。
「あなただって。。。杏の腰のあたりに何かあたってたよ?」って
杏も反撃する。。。

その日は、会社で彼さんとすれ違っても、どうしても昨夜と
電車の中のコトを思い出してしまい、一日中変な気分になっている
杏でした。 (笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2005-01-15 22:22 | +エッチなこと♪
<< 杏のスイッチが入るとき♪ どうなってるのぉ?女性の中って… >>