毎日彼さまで頭がいっぱい。

帰ってしまった彼さま。
杏は3日間もの間杏の中で起きていた
どきどき&きゅんきゅんしていた自分が忘れられなかった…
同時に振り返ると、彼さまとは終わっていなかった。とも。
あたし達は、もしかしたら結ばれる運命だったのか?とか。
あたし達は、逢うべきにして再会したんだろう…とか。
本当に何もかも相性がいいパートナーだと実感した。

ものすごく彼さまに逢いたい。
ものすごく彼さまと一緒にいたい。
ものすごく声が聴きたい…

お盆休みに入っていた彼さまに、杏はLINEでメッセをしたり
一度は電話が欲しいとお願いして電話をかけてもらったり…
着信音が鳴った時のドキドキ感ってば、幼い頃に大好きな人からの
電話を待つ気持ちと同じだった。
この歳になって、その頃の感情を体感するとは思ってもいなかった。

…そう、杏はやっぱり彼さまに恋しているのだ♡

彼さまと逢っていなかった期間では感じることのなかった感情。
他の人と付き合ってもそういう感情ってなかったかなと。
間違いなく今の杏にはなかったのだ。

杏に触れる時の彼さまの手や唇。
ほんと思い出すだけできゅんきゅんするのだ。

まさかこんな気持ちになるとは…と信じられなかったけど
明らかな事実だと確信した。

そして、杏は彼さまを思って、またどきどきしたくなり
一人エッチをしてしまった…

忘れられないあのドキドキ感がたまらな愛しい。

彼さまは、ある年齢になったら仕事を辞めて実家(田舎)に帰り
幼馴染たちと親をはじめ地元の高齢者たちの為の施設を作り
お世話をしたいという夢を語ってくれた。
16年もの長い間付き合っていたけど
この話をしてくれたのは初めての事。
そして、その時には杏を連れて行こうかなと言ってくれた。
(それは正直本心かが解らなかったけど…)

そんなことを言われたら、杏も行きたくなっちゃう。
余計に彼さまの事が頭から離れないじゃん。。。

毎日戸惑いながら過ごしていた時に
友人とその子供達と一緒に夏休み終わりだけど
東京へ遊びに行こうかという話になった…

杏は、もう東京に行けちゃう??とすっごく嬉しかった。
そんな話が出た日の夜中に出発して東京へ向かった。

杏はすぐに彼さまにメッセを入れた。
はてさて、彼さまの反応は。。。???
[PR]
by angel_love_chan | 2013-09-04 18:05 | +杏が思うコト…
<< 杏ちゃん東京へ。。。 最後の日になってしまった… >>