列車の中で~♪

杏は同じ会社の先輩と付き合ってコトがあった。
バレないようにと思ってたけど、いつも一緒だったので
バレていると思うけどね(爆)

社員旅行でのこと・・・
帰りの電車などでは寝不足でみんな寝ちゃいますよね?
彼さんと杏は、隣り合わせ、もしくは同じBOX席にいつもいます。
その時は、彼さんと向かい合って座っていました。
だんだんとみんな寝てきた頃のこと…<起きてるヒトもいるけど
疲れもあったし、彼さんも杏もお互いの椅子の上に
足を伸ばして乗せている格好だ。
杏が窓側の壁に沿って足をまっすぐ伸ばしていて、
彼さんは杏の反対側に足を置いているという感じ。
たまに彼さんのつま先でお尻の辺りをこしょこしょ
されたりしてたけどね(笑)
杏は背が低いので足も彼さん側のシートにぎりぎりって感じ。
「大丈夫かぁ?足つらそうだよ!」
「あはは、ちこっとね(笑) でも大丈夫」
 (そんな言葉もこしょこしょ声でね(笑))
といって杏はぐぐぐぅって浅く座りなおした。
なんとか普通に足を伸ばせた(笑)

「寒くない?」
「ん、ちっと足が寒いかな」
そしてコートを掛けてくれる優しいヒト♪(o^-^o) ウフッ
彼さんも一緒にコートの中に足を入れている。
向かい合っているので、ちと恥かしい。。。
窓の外を見ながらぼぉぉっとしていた時に、
ごそごそって動く気配を感じた。
なんと彼さんはコートで隠れているのをいいことに、
大胆にも杏の足の間に自分の足を入れてきたのだ。
ちとビックリして彼さんを見ると「ニコって笑ってうなづいてる。」
「だめだめぇ~」と小声で言って足をどけようとするけど、
なかなか動かせない。
「いいからいいから。このままで・・・動かさないから…」
という事でそのままいることにした。。。
が、ほんとに動かないんだけど、でも自分の足の間にある
彼さんの足が気になって仕方がない。
心の中はかなりどきどきしている。
少し眠気があるからか、ほわほわぁってしている杏。
電車が揺れると、その揺れに身を任せているからか、
太ももの内側に彼さんの足があたる。
「んっ。。。」と思わず吐息が漏れる・・・
彼さんはその小さな吐息ひとつを聞き逃さないのだ。
「杏、どうしたのぉ??」と少し意地悪そうな言い方をしてきた。
「っん?ううん、なんでもないよぉ~」
彼さんはニコニコしている。杏も自分の足を彼さんの足の間に
入れようとするけど、
彼さんの足が間にあるのと、どう考えても距離的に不可能だ。
杏の足が彼さんの脇でごそごそしたのを感じたのか、
コートのなかにある杏の足を彼さんが触ってきた。
眠気もあるからか、くすぐったいというよりも、気持ちいい感触だ。
「あぁぁ…」 足の力が抜けて、とろぉんってしてくる。
彼さんが「杏ちょっと?」と言って手招きして杏を呼ぶ。
コートの上に出ていた杏の手を軽く引いた。
杏も「ん?なに??」と上半身を前のめりにした時に
「あっ・・・・・・」
そう身体が少し前にずれたことで、彼さんの足が、
杏のアソコにヒットしたのだ!
彼さんは少しの間だけど杏の手を離してくれなかったから、
電車の揺れもあったし、さっきから彼さんの足があることで
身体は反応しないようにと抑えていたものなどが
ふっ飛んだ感じになり、気持ちよくなっていた。
彼さんは少し足を動かしながら、杏の手を離してくれた・・・
でも杏はもう大変。。。エッチモードに入る寸前。
声がうわずってしまう・・・
「だめよぉ・・・」
「だって、ちょっとしたくなっちゃったんだもん」と小声で言う。
「杏だってしたくなっちゃうじゃん。。。」
「あはは~(笑)」と笑う彼さん。
でもその後は、駅に着くまでは、何気に彼さんの足は
杏の足の間でこそこそと動いていた。
駅について、家の方向も違うので、その日はそのままお別れ~
もんもんと家に帰った杏でした。(笑)

一人でしたか??って??
それはどうだったかなぁ??(笑)
[PR]
by angel_love_chan | 2004-09-28 23:25 | +エッチなこと♪
<< 電話でエッチ。。。 杏が苦手なのは・・・ >>